思い出の箱
      十三本木峠に挑む 第二部      昭和42年9月8日 撮影

 奥中山の思い出 (岩手県)      2005年11月6日 制作 A

 

東北本線    奥中山〜御堂間の有名ポイント  吉谷地の大カーブ     (岩手県)

電化完成を一年後に控え、ポールを縫って
D 51三重連が青森目指して豪快に走ります



 









シュルシュルシュルっと
三重連が去って静寂が戻ったら 突然 重連の貨物列車が坂を下ってきました。



 

茅葺の家並み  最近この写真をみて、遠い昔のことだったんだなと改めて実感。



                       DD51型ディーゼル機関車も大活躍




                            堂々の前部D51 三重連




                                    圧倒的迫力で通過

 

この直線区間を少し行くと程なく奥中山駅に進入します。




 後部補機のD51もあと一息


 

 峠を駆け降りるD51とC60の重連  シュルシュルと軽快に下ってきます




ブルーバードと競争?   列車は快速で追い越して行きました。




奥中山駅で発車真近の荷物列車     D51 + C60


          砂まき管を内部に隠したスッキリ胴のC60

盛岡方面から奥中山駅に進入するDD51重連の貨物列車



 

 奥中山駅を出発した旅客列車   煙突除煙板が無くスッキリした機関車 C60かC61か?


奥中山をはじめて訪ねたのは昭和42年9月です。 これらの写真は
このとき撮ったものです。このあと半年後の43年3月にもう一度訪ねました。
その写真は第一部に掲載しています。

 

                                            
 奥中山の思い出  第一部  (蒸気機関車 十三本木峠にいどむ)へリンク  


  メール箱              目次に帰ります


アクセスカウンター

2005.11.6   制作
2012.10.18   改訂
2021.9.5  壁紙変更