思い出の箱                                  2010年9月初 撮影
                                           2011年11月5日 制作

 英国鉄道の旅 T   ロンドン地下鉄



鉄道ファンとしては、渡航前に事前に知識を詰め込もうとしましたが
どうしても頭に入りません。 「えぇい まずは行ってみることだ!」


帰ってから撮った写真を並べて、調べてみました。



ヒースロー空港からロンドン中心地へ向かいます。

空間の狭い車両 「 Tubeだ! イギリスだ!」    

ロンドン地下鉄 愛称 チューブ
中心部まではほとんど高架を走り、意外にスピードが出て、
揺れるし音もやかましいぐらい。




地下鉄   ピカデリー線       グロースターロード駅に到着。

すでに地上はロンドンの真っ只中のはず。
駅構内はすべて
真ん丸で「 ロンドンに来た!」と実感が湧きます。



UNDERGROUND          グロースターロード駅前にて



ニックネーム: the Underground もしくは the Tube です。

正式には Transport for London   ロンドン交通局

駅舎の看板にはメトロポリタン鉄道と書かれています。
実はこの建物は1968年に開業しました。 なんと明治元年の事です。
世界初の地下鉄の開業が1863年 5年後に路線延伸されて開業しています。

大阪市交通局の地下鉄が大阪メトロに民営化しましたが まさしくここが語源
フランスパリの地下鉄をメトロと言ったのが語源と言う説がありますが、パリも
ロンドン地下鉄を真似たということなので、まさしくここがルーツでしょう。





ロンドンの歓楽地 レスタースクェアー駅付近
この地域は劇場 映画館 飲食店が集まり 大阪千日前のよう。
ここにも UNDERGROUNDのマーク



第一日目の夕食 これ魚料理です。 うまい! 
疲れているのか苦めのビールもほんとにうまかった。

「英国料理はまずい」 ってのは嘘かな?
観光スポット 「コベントガーデン」の近くの店にて

でもこれから10日間こんなのばかり食べ続けることになります。
そうそう ビールがいろいろあって面白い